スワップポイントで日割りの利益を得る

 FXは異なる二つの通貨を一組にした通貨ペアを銘柄にして、それを交互に売買しながら利益を得ていくのですが、この通貨それぞれには、金利というものが設定されており、この通貨の金利差の事をFXでは「スワップポイント」と呼んでいます。

このスワップポイントにはある特性があり、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買って保持しておくと、そのスワップポイントを支払うことになり、逆に、金利の低い通貨で金利の高い通貨を買って保持しておくと、そのスワップポイントを受け取ることができるのです。

また、このスワップポイントは日ごとに集計がされ、保持している通貨を決済する際に、清算されて、請求もしくは支払いがされるのです。

つまり、このスワップポイントを上手に利用しておけば、わざわざ通貨の売買を繰り返さなくとも、通貨を買って保持し続けているだけで自動的に利益が生み出されていくわけで、FXの取引きでは、実際にこうした取引手法をスワップトレードなどと言い、多くの投資家が利用をしているのです。

こうしたものと似たような金融商品に、外貨貯金がありますが、これに比べるとFXはまずその取引手数料が格段に安く、また元々が通貨売買に特化した投資取引であるために、万が一為替相場が急変して、資金に含み損が発生した場合でも、その損失が少ないうちに資産を引き上げて回避させることができます。

これに対して、外貨貯金では手数料がたくさんかかるために、場合によってはそれだけで利益が極端に薄くなってしまう事もあり、また通貨の交換に時間がかかるか、もしくは定期預金にしてしまっている場合などは、自分の意志では通貨の交換が出来ないか、莫大な解約費用が必要出会ったりするために、為替相場の状況が悪化して資産が減っていくようなことが起きても、それに対しての対応が後手になってしまい、結果として大きな損失を被ることがあるのです。

また、これは為替相場の変動リスクも大きくなるために、利用する際には注意が必要なのですが、FXには投資した資金よりもはるかに大きい通貨量を取り扱えるレバレッジという仕組みがあり、これを使えば、そのレバレッジの倍数によって、受け取るスワップポイントも増加させることができるのです。

こうした事から、スワップポイントを狙った投資取引は、有利な事も多いですが、先ほどのレバレッジを使えば、その分相場リスクにさらされる危険も多く、せっかく貯めたスワップポイントも、決済の際に通貨の評価損益に含み損が付いていれば、それだけで利益が相殺されてなくなってしまう事もあるために注意が必要です。

また、定期的に見直される通貨の金利についてもしっかりと気を配っておく必要があるでしょう。
これを怠ると、いつの間にかスワップポイントを支払わなくてはならない状態になっていることもあり、決済をしてみたらまるまる損失を積み上げていた、という事も起り得るのです。