チャートのオーシレーター系について

sd9sfii チャートは「トレンド系」と「オシレーター系」の2つに大分類できます。

トレンド系はローソク足や移動平均線、ボリンジャーバンドなどのような時間経過とともに相場がどちらの方向に動いているのかを示した表のことです。

ローソク足がチャートの上部(高値方向)にあるのか、下部(安値方向)に推移しているのかを知っておくことと相場がどちらに動くかを予測するには、陽線と陰線の比率がどの程度になっているかを確認することが非常に大切になります。

もうひとつのオシレーター系はRSIやMACD、ストキャスティクスなどがあり、

指数と呼ばれています。

現在「買い」に偏りすぎてないか、「売り」に偏っているのかなどその場その場での状況を確認できたり、相場の勢いをオシレーターから推測できます。

オシレーターとは「振動させるもの」という意味で「0~100」や「+1~−1」などのある一定範囲内を折れ線グラフ状で確認できるようになっています。

折れ線状なので上のほうに線があれば「買い」に偏っていることを表し、下のほうにあれば「売り」に偏っていることを表しています。

つまり、オシレーター系を参考に上にせんがあればこれから下がる可能性が高いと予測でき、その逆だと上がる可能性が高いということになります。オーシレーターについての記事を様々なブログで目にします。 この一見の価値あるSiteもそんな一つです。

これを参考に予測を立てるのもひとつの手です。

バイナリーオプション初心者がテクニカル分析をする場合はローソク足と移動平均線を参考に取引しても良いですが、より精度を上げて利益を出していきたいと思うのであればオシレーター系とトレンド系の両方を活用していくことも一つの方法になります。

トレンドラインはリアルタイムでの動きを予測するのに便利で、上昇トレンドで一時的な押し目が出たとき、その逆の状態はトレンドラインの延長線上の水準で止まることが比較的多い為RSI やMACD、 ボリンジャーバンドなどを上手く活用することが利益を出していくポイントになります。チャートが充実していて、見易い設定になっているのがスマートオプションという業者です。スマートオプションのシグナルも的確で使い勝手が良いです。