新バイナリーオプションとカジノ  類似していると考えられる3つの項目

sdfi99i バイナリーオプションってカジノには類似している点がいくつかあります。その点について、多くの人が転用して手法にする方法を考えていることと思います。

昨年の年末に、新バイナリーオプションに代わってからは、とくにその類似性が高まってきていると私は感じています。

ではここで、その3つの類似している項目を順に挙げていきましょう。

関連サイト: ハイローオプション.com

一つ目は、投資のポジションサイジングを考えなければいけないという点です。

ポジションのサイズをどれくらいにするかを考えることを、ポジションサイジングと呼びます。これは、投資にどの程度の資金を当てるかを考えることを意味している言葉です。バイナリーオプションでの投資は、ご存じの通り一度で終わるという特性のものではありません。1回の投資で終わらず、10回100回と何度も繰り返し投資

を重ねて行うことで勝ち負けが決まっていくのです。この点はカジノゲームも同様です。ですから、一度にどの程度の資金を投入するのかという点について論理的に考えて答えを導き出す必要があります。私は、投資資金全体の1割程度が一度に投資すべき金額として妥当なのではないかと考えています。

以上のように、バイナリーオプションとカジノは共にポジションサイジングを考える—ルーに則り、何度も投資やゲームを繰り返すという点で類似していると言えます。

二つ目は、収束する確率と期待値の二つを目指すということです。

一つ目に挙げたように、バイナリーオプションもカジノも投資やゲームを何度も繰り返し行っていくという性質があります。

そのため、一貫して同じ手法をとっていると、その手法での勝率は次第に収束していってしまいます。勝率が5割の手法を10回続けて行ったとしても、5回勝つことができることではないということです。ですが、もしこれを1万回繰り返したとしたら、おそらくほぼ5割の勝率で終わることになるでしょう。このことは、当たり前のことではありますが、手法を考える時にはとても大切になってきます。

三つ目は、レートとリスクがほぼ同じ割合で存在するということです。

バイナリーオプションには投資金額に対するリターンのレートが初めから決まっていますが、カジノも同様に掛け金に対するレートが決まっています。これに伴って、失敗するリスクや負けるリスクが、同じ程度で存在することになります。

ほとんど相場未来がないところへ投資を行えばリターンは高くなり、確率が高い相場未来に投資を行えば当然リターンは低くなってしまいます。

当たり前のことかもしれませんが、このようなリスクとリターンのバランスを取りながら手法を考えることがとても重要になってくるのです。当たり前のことですが、自分のペース、取り引きスタイルに適合した業者を選ぶことはとても大事な事です。私は24オプションという業者と相性がいいようです。取り引きツールも整っており、24OPTION | 24オプション.biz 口座開設を利用して充実した取り引きができます。